BLOG POSTS

【カナダ高校留学】大学Transfer(編入)について

ブログ

【Kokoryugaku】Blog留学体験談バナー

記事をシェアする

こんにちは!CGECラーニングセンターのShioriです🌎

今日は、【4年制大学への編入の仕組み】についてご紹介します🧐

Transfer(トランスファー)とは編入のことで、一般的に2年制のカレッジで学びながら必要な単位を取得し、その後、4年制大学に編入する方法です。2年間のカレッジで基礎的な知識やスキルを身に付けた後、大学でより専門的な学問に取り組むことが出来ます。

高校留学後、日本の大学へ進学する生徒、カナダの大学・カレッジへ進学する生徒、それぞれいますが、このトランスファーを使用して4年制大学を目指す生徒も多くいます!

4年制大学へ直接入学ではなく、なぜトランスファーなのか?

トランスファーには留学生にとってメリットがあります!


トランスファーの大きなメリットと言える部分になります。まず、International Studentと呼ばれる、カナダ国籍ではない留学生は、現地のカナダ国籍の学生よりも学費が高くなります。そして、通常、大学(University)の方がカレッジ(College)よりも学費がかかります。

2年間カレッジにすることで費用を抑えることが出来、その差は約200万になることもあります👀!学校によって学費は異なるので、詳しくはCGECまでお問い合わせください😌

少人数クラスを実施しているカレッジが大学よりも多く、先生との距離が近くなることで、授業で分からない時、相談しやすかったり、友達も作りやすい環境になります。

カレッジには付属のESL(留学生の為の英語コース)があるところが多いです。直接、大学・カレッジ入学では不安な英語力を上げることも可能です。ESLのプログラムを通して、大学レベルに必要な語学力とアカデミック・スキルを身に付けることが出来ます。ESLは大学・カレッジ期間とは別になるので、大学4年間+αの部分になります。


  • 英語力がないから、、
  • 学費面が不安、、
  • 成績が募集要項の基準に満たしていない、、

そんな不安もカレッジという選択で解決することが可能になり、4年制大学進学も見えてきます😊

新着ブログ記事

  • 無料WEB相談実施中

LINE ID: @509fdxyf