【カナダ高校留学】KOKORYUGAKU MAGAZINE – vol.17 –

こんにちは!CGECラーニングセンターです🌏 カナダ高校留学のリアルライフをお届けするKOKORYUGAKU MAGAZINE 今回は、カメラの授業を受けている生徒に話を聞きました😊 Amiさん コキットラム学区 Grade11 授業|Photography11 🍁授業内容 写真を撮る授業で、色々な技法を学びます。課題は毎週違うものが出ます。一人一台、一眼レフが貸し出され、そのカメラで写真を撮ります。撮った写真をパソコンに取り込んで、サイズを自分で編集してプリントアウトして提出します。 今は、フィルム写真について学んでいます。写真を撮って、現像して出来上がるまでの原理を、実際に手順を実践しながら学んでいます。 課題が出ると、普段の生活でもそれに合う被写体を探すようになりました。学校の中もキョロキョロしながら歩いています。 (「写真を撮る技法7つ」という課題で提出した写真)

【2024】Sakura Days Japan Fair開催!

こんにちは!CGECラーニングセンターです🌏 Sakura Days Japan Fairが今週末開催します🌸 Sakura Days Japan Fair Sakura Days Japan Fairは、バンクーバー桜祭りの一つです。 たこ焼きや焼きそばなどの日本食の屋台、ティー・セレモニー(お茶)や和太鼓などの日本の文化が楽しめます!パフォーマンスも野外で行われるそうなので、景色と一緒に楽しめそうですね☺️ 【日程】4月13日(土):10:00 am〜6:00 pm4月14日(日):10:00 am〜5:00 pm  チケットの購入が必要なので、詳細は下のリンクから確認してください👀Sakura Days Japan Fair 2024

【カナダ留学】ホームステイあるある4選!

こんにちは!CGECラーニングセンターのShioriです🌏 カナダで高校留学をしている生徒さんの大半は、現地でホームステイをして生活をしています。今日は、カナダのホームステイあるあるを4つご紹介します! ①朝食がシリアルかパン 日本のような白米、味噌汁、おかずのようなしっかりとした朝食に比べ、カナダの朝食は意外とサラッとしています。カラフルなシリアルを見たことはありませんか? カナダのスーパーに行くと、たくさんの種類のシリアルが売っています!🩵 ホストファミリーにもよりますが、朝食は生徒が自分で用意する家庭が多いです。 ②ランチはサンドイッチ これだけ!?と思われる方もいるかもしれませんが、ランチはサンドイッチ2つがカナダでは一般的です。 ハムチーズなどのシンプルなサンドイッチが定番です。🥪🧀 また、りんごをランチと一緒に持っていくのも一般的で、何と食べ方は丸かじり!!ワイルドですね( ◠‿◠ ) ③お風呂はシャワーのみ カナダは、湯船に浸かる習慣がなく、シャワーのみが一般的です。 また、カナダは貯水タンク式の家が多く、水の使用量や時間に制限があります。その為、シャワーの時間が平均10分〜15分です。 短いなと思う方もいるかもしれませんが、これも異文化の1つですね!留学に来ると湯船の有り難みを知ります。。。 バンクーバーには、日本のようなお風呂やサウナを楽しめる施設もあるので、湯船に浸かりた〜いという人はチェックしてみるのも良いかもしれません☺️ ④洗濯は週に1回 さっきの貯水タンク式の話に繋がってきますが、洗濯は週に1回が一般的です。 なので、下着など1週間分用意しておくと安心ですね! カナダでは、乾燥機(Dryer)とセットになっている家が多いので、洗濯してすぐ使えるのは嬉しいポイントですね🎶

【2024】高校準備コーススタート!

こんにちは!CGECラーニングセンターです🌎 まだ少し寒いですが、バンクーバーでも桜が満開になり春の訪れを感じますね( ◠‿◠ ) CGECでは、2024年の高校準備コースがスタートしました! CGECの高校準備コースは、9月からスムーズにカナダの高校に入学できるよう、英語力強化、科目別基礎知識の取得、高校生活に必要なプレゼンテーションの方法やエッセイの書き方について学びます。 ——————————— 【授業】月曜日〜金曜日【時間】9:00〜16:15【内容】午前中:語学学校での英語研修|午後:高校主要科目の学習 ——————————— 詳しくはこちらから 金曜日は語学学校での英語研修の後、生徒さんはアクティビティに参加します。 勉強だけではなく、日帰りのツアーやアクティビティにも参加し、バンクーバーの夏を楽しむことが出来ます。🍉🌊🎆 4月〜8月の間、毎週月曜日に新しい生徒さんを受け入れています。各生徒さんのスケジュールに合わせて入学が可能です!

【カナダ高校留学】夏休みに単位取得が出来るサマースクールとは!?

こんにちは!CGECラーニングセンターのShioriです🌎 バンクーバーでは、桜が咲き始めて春の訪れを感じますね🌸 暖かくなってきた今、ご紹介したいのがカナダの高校にあるサマースクールです🏫 カナダの夏休み サマースクールの説明の前に、まずカナダの夏休みについて説明します。 カナダは9月〜翌年6月までが1年度になります。6月に学校が終わると、およそ2ヶ月の夏休みに突入します。 何と、この夏休み期間中は宿題などもないんです!なので、この長期の休みに日本に一時帰国する生徒もいます。 サマースクールとは? サマースクールは、簡単に言うと単位取得を伴った学校のプログラムです。 毎年7月〜8月の1ヶ月間、サマースクールが実施されます。 主要科目の理科、社会、数学、英語に加え、ELL(留学生用の英語の授業)などの授業をサマースクールで行います。 \ 単位取得や英語力の強化を目指す生徒さんにおすすめです / サマースクールの特徴 ✅メリット サマースクールの魅力的なポイントは単位取得可能なところです。カナダの高校は単位制です。Grade12(高3)になったからと言っても、単位が足りなければ卒業することは出来ません。 卒業に必要な単位数が足りていない場合、サマースクールで補うことが可能です。 その為、高校の途中から留学をスタートした生徒さんでも、卒業を目指すことが出来ます。 ⚠️注意点 知っておいてほしい情報になりますが、サマースクールは1ヶ月の短期集中講座みたいなものです。 本来、セメスター制であれば約4ヶ月、リニア制であれば8ヶ月かけて、科目を終了するものを、1ヶ月に詰め込んでいるので、その分、ハードスケジュールにはなります。 授業のスピードもそうですが、課題も短いスパンで行われます。 大変な面もありますが、1科目に集中して学習できるのもサマースクールの魅力のポイントですね。 サマースクールの申し込みは、4〜5月頃になりますが、申し込みの詳細は学校によって異なります。 迷っている人や、どういう授業があるのか気になる人は、学校のカウンセラーに話を聞いてみると良いかもしれません☺️

【カナダ高校留学】KOKORYUGAKU MAGAZINE – vol.16 –

こんにちは!CGECラーニングセンターです🌏 カナダ高校留学のリアルライフをお届けするKOKORYUGAKU MAGAZINE 16回目の今日は、授業でギターのスキルを習得中の生徒をご紹介します☺️ Kさん コキットラム学区 Grade11 🍁ギターの授業を選択した理由 この学校にしかない教科で、バンドが組めることと、日本で軽音部に入れなかったため、この授業を取りました。 (授業:Rock School) 🍁授業内容 バンドを組んでメンバーで好きな曲を決めてそれを皆で授業のたびに練習をしています。1週間練習をし発表しています。 私はギターを始めたばかりなので大変です。春休みの後に、学校行事のコンサートがあるので、それに向けて今は練習しています。今は、Red Hot Chili Peppersの’She’s only 18’とThe Cureの’Boys don’t cry’を練習しています。 🍁授業を受けてみて バンドは楽しいけれど、ギターを始めたばかりなので、弾く時に指が痛かったり、届かなかったりして大変です。でも、春休みの後のコンサートは楽しみです! 皆で演奏するのも楽しいです。私は聞かないけれど、ロックが好きなメンバーばかりで、最近は私もロックを聴くようになりました。 (授業:Guitar)

【カナダ高校留学】音楽のクラスは1つだけじゃない!?

こんにちは!CGECラーニングセンターのShioriです🌎 音楽の授業は、日本にもありますよね。カナダの高校の音楽の授業は1つではないんです! 今日は、多種多様なカナダの高校の授業についてご紹介します☺️ 何とこれ、全て学校の授業なんです!音楽の授業と言ってもこれだけの種類があります。 もちろん学校によって違いはあるので、全ての学校に上のような授業があるわけはありませんが、授業で他にを取りながら、楽器の練習が出来たり、実践的なことが出来るのはいいですね! 日本では、部活の吹奏楽や、マーチング、合唱なども授業というのは面白いですね!気になった授業はありましたか? 実際に授業を受けている生徒を紹介します🎵 Kさん ウエストバンクーバー学区 Grade11 オーケストラの授業 Kさん コキットラム学区 Grade11 ギターの授業

【カナダ高校留学】KOKORYUGAKU MAGAZINE – vol.15 –

こんにちは!CGECラーニングセンターのShioriです🌎 カナダ高校留学のリアルライフをお届けするKOKORYUGAKU MAGAZINE今回は、オーケストラの授業を取っている生徒を紹介します☺️ Kさん ウエストバンクーバー学区 Grade11 授業名:Orchestra |選択理由 音楽が好きで音楽に関わる機会を持ちたかったからです。クラシックピアノの経験があり、クラシックがやりたかったので、オーケストラを専攻しました。新しい楽器をできる機会があればとも思ってオーケストラ授業を取りました。 今までに、グロッケンシュピール、ティンパニーを担当しました。 |授業内容 授業はGrade8〜12の生徒がいます。私はティンパニーの担当になりました。基本、授業では曲の練習をしています。ティンパニーは家で出来ないので、学校の授業時間とお昼休みにも時々練習をしています。 ティンパニーは打楽器なので、リズムはクラシックの知識と経験でこなせます。5月にウィスラーの音楽祭で演奏する予定で、ハンガリー舞曲第5、6番、ドボルザークの新世界、スケルツォを練習しています。 |授業を受けてみて ティンパニー自体は、外からオーケストラ全体を見渡せるので楽しいです。存在感が大きく、大事なところの担当なのでやりがいがあります。 クラシック音楽を経験している人には英語(用語)が分かりやすいと思います。

【カナダ高校留学】クラブ活動はシーズン制!?

こんにちは!CGECラーニングセンターのShioriです🌏 カナダの高校にも日本と同じように、クラブ活動があります。そして、運動部はシーズン制のため、季節ごとに様々なスポーツを楽しむことができます☺️ ※学校によって多少異なります。 Spring 春は、テニスやラグビー、バトミントン、野球、陸上などが行われます。 同じシーズンに他のスポーツを掛け持ちする生徒もいます。 Autumn 秋はサッカー、バレーボール、クロスカントリーなどがあります。 Winter バスケットボールは冬シーズンに行われますが、熱心な学校では、シーズン外でもトーナメント試合を行っています。他には、カーリングなどがあります。

サマータイム(Daylight Saving Time)3月10日からスタート

こんにちは!CGECラーニングセンターのShioriです🌎 サマータイムが3月10日(日)午前2時から始まります🌞 サマータイムとは? サマータイムは英語で言うと”Daylight Saving Time”と呼ばれています。 毎年3月に時計の針を1時間進めて、11月に1時間戻します。2024年は3月10日〜11月3日がサマータイムになります。 サマータイムは、夏と冬の間で日照時間の差が大きい、高緯度に位置する国で多く採用されている制度です。カナダの他にも、アメリカやヨーロッパでも採用されています。日本にはない制度なのであまり馴染みはないですよね。 前に、バンクーバーあるある(冬)でも紹介しましたが、冬は日照時間が短く、逆に夏はとても長いんです。太陽が出ている時間が、夏と冬でおよそ倍くらいの差があります! 日照時間が短かった頃は、夕方の4時半にはもう暗くなって、どんよりとした天気が続いたりもしますが、サマータイムが始まると日照時間も長くなっていきます! 夏は夜の8時や9時もまだ外が明るかったりしますね✨ 暖かいバンクーバーももうすぐそこですね!☺️